INDIE-CAMP

インディロック(+α)とキャンプのあれこれ...

登山・温泉・美味いそばが楽しめる 長野"桜清水オートキャンプ場"

f:id:kanenashikodhi:20190505192626j:plain
こんにちは。北のコーディ(@kanenashi_k)です。

タイトルにもあるように、GWの期間中に素敵なキャンプをして参りました。

今回は...

 

「長野で温泉に入れるキャンプ場を探している...」

「観光などキャンプ以外の事も一緒に楽しみたい...」

「登山・ハイキングができるキャンプ場を探している...」

 

こういった方に向けてお伝えしていきます。

 

1.登山・温泉・美味いそばが楽しめる 長野"桜清水オートキャンプ場"

登山・ハイキングコースが隣接している

f:id:kanenashikodhi:20190505191133j:plain

最近ハイキングに興味がありまして、キャンプとハイキングができる場所を探していたところ、こちらのキャンプ場を発見。

f:id:kanenashikodhi:20190505191327j:plain

日本の百名山に選ばれている、"美ヶ原"

美ヶ原にある絶景スポット"王ヶ鼻"アクセスできるキャンプ場なんです!

 

王ヶ鼻は標高2000m程に位置し、キャンプ場からは500m程登ります。

登りが1.5~2時間、下り1時間程度の時間となっています。

 

キャンプ場は12時チェックインですが、登山者用の無料駐車場もあるので、9時頃に登り始めて12時頃に下山すれば、そのままチェックインする事ができる理にかなったキャンプ場となっています。 

f:id:kanenashikodhi:20190505191827j:plain

f:id:kanenashikodhi:20190505191515j:plain

f:id:kanenashikodhi:20190505191919j:plain

登ったコースは”八丁ダルミコース”

 

ハイキングデビューの人(私も含む)にはなかなか大変なコースでした。

正直ハイキングというより登山に近いかなと思いましたが、

頂上の絶景が感動ものだったので、登って良かった...と感じれるコースです。

 

未経験者にはちょっと大変ですが、是非おすすめしたいですね!

www.indie-music-camp.com

 

温泉が隣接している

登山で汗をかいて、温泉に入るそしてぷはーっと一杯やる!

...だなんてとっても気持ちいいと思いませんか?

 

それをやりたいな...と思っていたところ、

こちらのキャンプ場には温泉もあるとのこと。充実していて最高です。

f:id:kanenashikodhi:20190505192247j:plain

"せせらぎの湯"

森の名水風呂と、うたっています。

 

10人程入れる内湯が1つありました。

周りが木々に囲まれていて、綺麗な緑を眺めながら入る事ができました。

 

オートキャンプ場から徒歩2,3分で行くことができます。

オートキャンプ場利用者は300円で入ることができます。安いですね!

(ちなみにコテージ宿泊者は無料で何度でもだそう...すごい)

 

山の温泉なので湯船にちっこい虫が数匹浮いてました。笑

特に気になる程ではありませんでした。

 

施設次第は古めかと思いますが桶やイスなどは新しく、

ロビーも清掃がきちんとされている印象でした。

f:id:kanenashikodhi:20190505192358j:plain

もう一つ、山の温泉で心配なアメニティですが、

シャンプー・ボディーソープ・ドライヤーは完備されていました。

タオルは管理棟(売店)で買えるみたいです。

あまり少ないと思いますが手ぶらで行くこともできますね。笑

 

HPでは利用時間は7:00~22:00となっていましたが、

実際は7:00~10:00・12:00~22:00でした。

 

なんにせよ登山後の温泉は最高に気持ちよかったです。

 

美味しいそばが楽しめる茶屋がある

長野といえば、そばが有名ですよね。

このキャンプ近くにも美味しいそばが楽しめる茶屋があります。

f:id:kanenashikodhi:20190505192523j:plain
手打そばお食事処"桜清水茶屋"

風情がある素敵な建物です...なんていう造りなのでしょうか。

f:id:kanenashikodhi:20190505192546j:plain

室内も広々で、人も沢山は入れます。

12時頃に来たときは6,7組の客で賑わっていました。 

f:id:kanenashikodhi:20190505192742j:plain

ほとんどが、そば中心のメニューでした。

私が頂いたのは、そばとてんぷらのセット"ミニ天ぷら膳"

お値段1000円。

 

山菜のてんぷらでタラの芽など5種類ありました。

抹茶塩で頂くことができます。

 

肝心のそばですが、これがなかなか美味しい。

f:id:kanenashikodhi:20190505192626j:plain

普段食べる安いそば(笑)と違ってしっかりとした弾力、

噛んだ時ぷつんときれる歯ごたえがあり、ほんのり甘く美味しかった。

 

宿泊で来たら一食はここで食べてみてほしいです。

 

2.注意点もある

道が狭くて急坂

キャンプ場に到着するまでの道に傾斜15度程の道があり、

更にテントサイトへ向かう道は、車一台しか通れない幅です。

 

向かい側から車が来てしまうとどっちかが引き返すしかありません。

運転手の相方が叫んでました。なかなか大変でした。

 

トイレがちょっと大変

f:id:kanenashikodhi:20190505192824j:plain

トイレはちょっと古めです。

きちんと清掃されているのか汚くはないです(臭くもなかった)

 

レバーを引くと水は流れますが、使った紙を流すことができないので、

近くにあるゴミ箱に紙を捨てるシステム。

東南アジア風ですね...山のキャンプ場に多いのでしょうか。

 

蛾などの虫もちょこっと入ってきますので、

パニックにならないよう注意です。

(管理棟なども同じトイレだそうです。桜清水茶屋のみ綺麗な水洗トイレ

 

サイトの形が変わっている

テントサイトは受付を済ませた方から自由に選ぶことができます。

f:id:kanenashikodhi:20190505193436j:plain
サイトの形は大体どれも一緒で、1区画あたりかなり広めです。

ただ形が少し変わっています。写真をご覧ください。

f:id:kanenashikodhi:20190505193025j:plain

真ん中を境に段になっているのが分かるかと思います。

段の上も下も合わせて一つのサイトです。

 

これがテントを張る際ちょっと厄介です。

テントや車、タープなど一列(もしくは>の字型)で配置しなければいけません。

f:id:kanenashikodhi:20190505193547j:plain

テントやタープのサイズによっては注意が必要です。

(隣との幅は広いのでゆったり感はある)

 

3.その他良かった点

管理人やスタッフの方が親切

f:id:kanenashikodhi:20190505193727j:plain

管理人やスタッフの方々がとても親切でした。

キャンプ場の施設についてや近辺のおすすめ観光地を教えてくれたり...

分別さえすればゴミを引き取ってくれたり...

 

特に嬉しかったのが、湿気のせいか薪に全然火がつかなくて、

管理等に着火剤を買いに行った時に、

火のついた炭をわけましょうか?...と言って頂いたことです。

 

テントサイトが離れていたこともあり遠慮したのですが、

優しさが感じられました。

 

その他設備の充実

ハイキングコースに温泉、茶屋など施設が豊富ですが、まだまだあります!

・コテージ

・直火ができるスペース(基本的に直火NG焚き火台必要)

・BBQ場

・ドックラン

・テニスコート

・品揃え豊富な売店

・岩魚釣り堀

f:id:kanenashikodhi:20190505194255j:plain

竿と釣り餌は無料で借りれるそうです。

魚を釣ると1匹300円だそうです。

 

家族や友人グループなど大勢で来ても楽しめます!

 

4.アクセス

〒399-0000

長野県松本市山辺 美ヶ原高原石切場

 

松本市街から車で30分程度で来れます。

市街にあるスーパーで買い物してから来るのが良い。

24時間ス―パー西友もありました。

 

5.まとめ

今回の記事をまとめていきますと...

 

・登山できる温泉と茶屋付きキャンプ場

・道が狭い,トイレが使いづらい,サイトの形が特殊など注意点あり

・設備が豊富。グループでも楽しめる。

・管理人やスタッフの方が親切

 

山奥のキャンプ場ゆえに、

どうしても設備が完璧に整いにくい点があります。

 

それでもとってものどかで気持ち良い環境です。

都心を離れてリラックスするにもピッタリかと思います。 

 

また、ハイキングコースがあって温泉もあるキャンプ場は貴重なんじゃないかなと思います。

コースも多いので登るのが好きな方にはうってつけのキャンプ場かもしれません。

 

桜清水キャンプオートキャンプ場の魅力を感じたい方は、

是非遊びに行ってみてはいかがでしょうか。