INDIE-CAMP

インディロック(+α)とキャンプのあれこれ...

「ほったらかしキャンプ場」おすすめのハナレサイト9番について

f:id:kanenashikodhi:20181227195542j:plain

こんにちは。北のコーディ(@kanenashi_k)です。

今回は...

「夜景がきれい・絶景のキャンプ場を検討してる」
「なんとなく良いキャンプ場探してる...」
「温泉もあって快適なキャンプがしたいなぁ」

 

こういった方に向けてお伝えしていきます。 

 

 

1.概要

2018年12月に行ってきました、

「ほったらかしキャンプ場」ハナレサイト9番のレポートです。

車が無いと行きにくい場所になっています。 
チェックインは13:00~。チェックアウトは~11:00です。
 
基本的には区画サイトのキャンプ場
フリーサイトもありますが、広さはわずかな大きさ(4~6張り程度)
 
また、オートキャンプ場なのでサイトの横に車をつけれます。
利用料金は人数分の宿泊料+サイトの使用料で決まるようです。
 
大人1名で1500円(土日祝は2000円)
サイト料金が1500~3500円(電源利用で別途1000円)
2018年の12月平日に大人2人で行きましたが、合計で7000円でした。

 

実際にキャンプ場に行った様子を、レポートしながら解説していきます。

 

2.キャンプ場の様子

14時頃に到着し、早々に受付を済ませてチェックイン。

ハナレサイト9番という少し奥まった区画サイトを予約していた為、車で向かいます。

f:id:kanenashikodhi:20181227194425j:plain

f:id:kanenashikodhi:20181227194457j:plain

道中には看板がいっぱいあります。かわいい~!


すぐにハナレサイト9番、到着です。

それではさっそく景色をご覧ください... 

 

 ...

 

f:id:kanenashikodhi:20181227194717j:plain

どうですかこの景色ッ!美しいでしょう!(何様)

 

柵の向こう側には山梨の町々。その向こう側には富士山。

めちゃめちゃきれいじゃないですか?

f:id:kanenashikodhi:20181227194909j:plain

周りを見渡すとこんな感じ。
平日でしたが賑わってました。この景色なら納得...
 
各区画サイトも十分な広さで、
大きめのテント2つと車1台入れるくらいのサイズでした。
私達は完全に持て余します。
 
感動・興奮しているうちに、
気付いたら16時近くなっていたので早々にテント設営!

f:id:kanenashikodhi:20181227195542j:plain

装備は質素ですが、なかなかいい雰囲気時です!
 
そうこうしているうちに日が暮れ始めます。

f:id:kanenashikodhi:20181227195929j:plain

山の景色です。時間と共に景色の雰囲気が大きく変わるので、
ずっと座って見てられるんですよ。ほんと美しい...。
 
2人とも景色にウットリしながら、
炭に火をつけて買ってきた秋刀魚を食らいます。
 
12月と冬の時期だったので、あっという間に暗くなりました。

f:id:kanenashikodhi:20181227201021j:plain

夜景がヤバい!(語彙力)
 
宝石みたいな夜景っていうのはこういう事を言うんですね。
私たちはすごくサンマ臭いのですがなんてロマンチックなんでしょう!
 
こちらの夜景、新日本三大夜景の一つとして選ばれているそうです。
どうりできれいなわけです...。

f:id:kanenashikodhi:20181227201051j:plain

お酒も進みます...熱燗グビグビです。
(ちなみに奥の鍋ですき焼き作って食いました。幸せかよ)
 
写真は撮り忘れてしまったのですが、トイレや洗い場もきれいです。
どのサイトからも近い所にありました。
トイレに関してはカフェみたいな造りでした。とにかく良き。
 
ここまで来たら日の出も見るしかない!と相方と誓い合います。
飲みすぎあって、22時頃の早め(?)の就寝。
 
ちなみにこの時の気温はちょうど0度。
我々は薪ストーブといったモノは持ち合わせていないので、
ホッカイロで寒さをしのぎます。
 
意外にも寒いとは感じなかったなぁ...
(というより家より快適だった。家どんだけボロやねん...) 

f:id:kanenashikodhi:20181227203648j:plain

夜明けです。この時の景色も美しい...
お日様が左手の山奥から、徐々に上がっていきます...

f:id:kanenashikodhi:20181227204530j:plain

おぉ...お日様...ありがとう...
 
とにかく天候に恵まれて2日目も快晴。

f:id:kanenashikodhi:20181227204839j:plain

日中でも前日とは少し違った雰囲気を見せてくれた景色。
町にもやが掛かっていてどこか雲海のようですね...あぁきれい...
 
まずは朝食。

f:id:kanenashikodhi:20181227205112j:plain

f:id:kanenashikodhi:20181227205140j:plain

朝からアヒージョにチョコバナナスイーツ...胃がもたれそう...
美しさの魔力で我々はおかしくなっていたのかも知れません。
 
チェックアウトは11:00なので、しばらくのんびり過ごします。
このタイミングでキャンプ場回ってみたのですが、
平日なのにキャンプ場かなり埋まってましたね。
 
非常に人気で土日は予約取りにくいそうです。
早めの予約か、平日に来るのが良さそうですね。
 
ちなみにどのサイトからでも町と山の景色は綺麗に見える模様。
改めて景色を拝んで撤収開始。

f:id:kanenashikodhi:20181227205928j:plain

あぁ...名残惜しい...
 
後ろ髪を引かれながらもチェックアウト時間。
また来ると誓ってキャンプ場を後にするのでした。

 

3.最寄りの「ほったらかし温泉

実はキャンプ場から徒歩5~10分ほどのところに、
ほったらかし温泉」という絶景温泉があります。
 
いやいや絶景って...
あなたもう十分に楽しんだでしょう...
 

f:id:kanenashikodhi:20181227210254j:plain

まぁ来ちゃいますよね

 
温泉は2つあって、「あっちの湯」と「こっちの湯」
どちらかを楽しめます(それぞれ料金がかかります。800円です)
 
簡単に特徴を説明すると...
 
●「あっちの湯」は日の出を拝むことができる温泉。
東向きの景色楽しむことができ、日の出の1時間前から営業しているそう。
こっちの湯よりも温泉は大きいそうです(お客さんも多い)
 
●「こっちの湯」は富士山を正面に拝むことができる温泉。
あっちの湯よりもこじんまりとしている分、
ゆっくりすることができるそうです。
 
悩みましたが皆様のブログなどを色々拝見して
はじめての人は「あっちの湯」がおすすめと言っていたので
今回は「あっちの湯」に入ることに。
   
いくつかに分かれた露天風呂が非常に広く、
お客さんも結構いたのですが、ゆっくり浸かることができました。
なにより寝湯のような露天風呂で、景色を眺めながらごろっとなって...
とんでもなく幸せです。
 
今回は昼に来ましたが次があれば、早朝に来て日の出眺めたいですね! 
  

4.まとめ 

今回の記事をまとめますと...
 
・非常に絶景なキャンプ場。昼も夜も美しすぎる
・区画サイトは広め。テント2つ車1台入る
・洗い場やトイレ等の施設はきれい
・1人当たりの料金3000円~[電源も完備(有料1000円)]
・徒歩圏内に温泉あり
 
キャンプをする方であれば一度は来ていただきたい...
と、オススメできるキャンプ場です。
 
気になった方は是非検討ください。
 
↓ちなみに2か月後再訪してます...こっちは新区画サイト

www.indie-music-camp.com

比べてみて好みのサイトを見つけてみてください!