INDIE-CAMP

インディロック(+α)とキャンプのあれこれ...

1泊2日でキャンプしながら尾瀬を回るなら"見晴キャンプ場"がおすすめ

f:id:kanenashikodhi:20190610201821j:plain

こんにちは。北のコーディ(@kanenashi_k)です。

今回は...

尾瀬っていくつかキャンプ場あるけど色々回る場合どれがいいんだろう...」

「見晴キャンプ場の周辺の様子が気になる...知りたい...」

こういった方に向けてお伝えしていきます。 

 

 

 

1.尾瀬各地を回るなら”見晴キャンプ場”の利用がおすすめ

尾瀬ヶ原尾瀬沼など、尾瀬を色々と回るなら

「見晴キャンプ場」が圧倒的におすすめです。

 

その理由の1つには...

尾瀬の中心に位置し各地のアクセスが良いからです。

 

尾瀬のバスツアーでもらった簡易マップ

f:id:kanenashikodhi:20190610193042j:plain

真ん中あたりに家のマークがたくさん集まっているのかと思います。

ここが「見晴キャンプ場」がある場所。

 
ちなみに左側にある"山の鼻"にも1つ。
右側の尾瀬沼の右手にも1つ、キャンプ場があります。
 
見てわかる通り、見晴キャンプ場が真ん中に位置しているので、
すぐ隣に隣接している尾瀬ヶ原はもちろん、
ビュースポットである「三条の滝(約1時間40分)」
「ヨッピ吊り橋(約1時間)」「尾瀬沼(3時間)」にも行ける範囲。
 
1泊2日であれば、登山口である「鳩待峠」「大清水」や、
福島側の「御池」「沼山峠」からも来ることができます。
 
アクセスが良く使いやすいことが分かるかと思います。
ちなみに私も「大清水」→「見晴」→「鳩待峠」と、
1泊2日の旅で利用させてもらいました。

もう1つ、おすすめの理由があります。

それは「見晴キャンプ場」の周辺施設がとても充実している点です。

 

2.見晴キャンプ場および周辺施設について

「見晴キャンプ場」周辺には色々な施設が存在します。
 
まず「見晴キャンプ場」の様子。

f:id:kanenashikodhi:20190610200113j:plain

f:id:kanenashikodhi:20190610200008j:plain

f:id:kanenashikodhi:20190610200319j:plain

こんな感じです。

広々としたフリーサイトでテント最大100張り程いける広さ。

f:id:kanenashikodhi:20190610200036j:plain

トイレが近いのも〇。チップ制で1回の利用100円払います。

f:id:kanenashikodhi:20190610200757j:plain

木々の間からなんとか"至仏山"が見えます。

テントについている札は利用者の証。

 

キャンプ場のすぐ近くにある山小屋「燧小屋」で受付を済ませると札がもらえます。 

f:id:kanenashikodhi:20190610200942j:plain

利用料金は800円。チェックイン・アウトの決まった時間はありませんが、

「お昼ごろに撤収してね」とのことです。

安くて利用時間が長いのもありがたいですね。

 

更に山小屋宿泊でなくても500円払えばお風呂も利用できちゃうのです。

ブレブレですがお風呂はこんな感じ。こじんまりとしてますが清潔感ありました。

f:id:kanenashikodhi:20190610201450j:plain

ハイキングでかいた汗を流せるので最高です。

(自然環境保護の関係でシャンプーやせっけんは使えません)

ちなみに利用できる時間帯は17:30~18:50でした。

 

外にベンチもあるので、お風呂上りに一杯やっても良いのです...最高!

f:id:kanenashikodhi:20190610201752j:plain

お風呂以外にも様々な施設があります。

f:id:kanenashikodhi:20190610202057j:plain

山小屋は「燧小屋」を含めて6つ程と、他に比べると圧倒的に多いです。

山小屋宿泊者も、選ぶ楽しみがありますね。

f:id:kanenashikodhi:20190610202328j:plain

ご飯やお茶もできる軽食喫茶もあります。

ここで食べた山菜そばとビールは美味しかったなぁ...

f:id:kanenashikodhi:20190610202433j:plain

長く滞在しない人でも、軽く休憩できる休憩所もあります。

f:id:kanenashikodhi:20190610202543j:plain

この他にも、

”お土産屋さん”や”靴を洗うスペース” "湧き水が気持ちいいスペース"など...

f:id:kanenashikodhi:20190610203200j:plain

充実っぷりに驚かされました。

 

3.他のキャンプ場にも特徴・良いところがある

「見晴キャンプ場」以外にも、尾瀬には2つのキャンプ場が存在します。
 

尾瀬沼キャンプ場」

・登山口(バス出着点)として利用が多い"大清水"にもっとも近いキャンプ場

・福島側の登山口"沼山峠"にも近い

日本百名山の"燧ケ岳"にわりかし近く、アクセスできる

・早朝の尾瀬沼は霧かかった景色が幻想的で美しいそう

・燧ケ岳に登山しつつキャンプもする方にはおすすめ

尾瀬の魅力を学べる"尾瀬沼ビジターセンター"がある

 

「上ノ鼻キャンプ場」

・登山口(バス出着点)として利用が多い"鳩待峠"にもっとも近いキャンプ場

日本百名山の"至仏山"も近い

至仏山に登山しつつキャンプもする方にはおすすめ

尾瀬の魅力を学べる"山ノ鼻ビジターセンター"がある

・カフェや食堂などご飯処が充実している

 

それぞれ違った魅力があって素敵です。

私は次行くときは尾瀬沼キャンプ場に宿泊したいなぁ。

 

4.まとめ

見晴キャンプ場の魅力をまとめますと...

 

尾瀬の中心に位置し各名所のアクセスが良い

・1張り800円。100張程の広いフリーサイト。到着~次の日の昼まで利用可

・日帰りのお風呂あり500円

・屋外テーブルやお土産屋さん、軽食喫茶など充実

 

総じて扱いやすいキャンプ場かと思います。

1泊2日でキャンプしながら尾瀬を回るなら「見晴キャンプ場」がおすすめです!