INDIE-CAMP

インディロック(+α)とキャンプのあれこれ...

焚き火の魅力である3つの理由【最初に欲しい焚き火台】

f:id:kanenashikodhi:20190415173716j:plain

 こんにちは。北のコーディ(@kanenashi_k)です。

 

「焚き火が流行ってるけど何がそんなに良いの?魅力が知りたい」

「キャンプで焚き火を始めてみたいのだけど、どの焚き火台が良いんだろう?」 

 

本記事は、こういった疑問を持っている方に向けて書いています。

 

1.焚き火の魅力である3つの理由

リラックスできる

f:id:kanenashikodhi:20190415173754j:plain

焚き火をするとリラックス効果があると言われています。

 

その理由としては "1/fゆらぎ" という法則にあります。

"1/fゆらぎ" とは自然界にある規則的でも不規則でもない揺らぎのこと。

 

人はこの揺らぎを感じると、自律神経が整えられ、精神が安定するのだといいます。

 

"1/fゆらぎ" は自然界いくつも存在します。

小川のせせらぐ音、海辺の波の音、木漏れ日、蛍の光り方など...

どれもリラックスできそうですよね。

 

もちろん焚き火の炎の揺れも"1/fゆらぎ"のうちの一つ。

なんとなく落ち着く...と焚き火されている方も多いかと思いますが、

リラックスできる理由は実はきちんとあったのですね。

 

料理が楽しい

f:id:kanenashikodhi:20190415173823j:plain
焚き火の炎を使う料理は、本当に楽しくて盛り上がります。

なにより外で食べるということが美味しい理由の一つです。

 

また、リアルな火を使って料理をすると火のありがたさが分かります。

ガスやオール電化では味わえない感動があるかと思います。

 

たとえ作った料理がシンプルな野菜炒めなどでも、

扱いが難しい火で作ったものは本当に美味しいものです。

 

買った缶詰を焚き火台の網にのせてグツグツ焼いてみたり、

マシュマロを串にさしてコロコロ回しながら焼いてみたり...

 

アイディア次第で楽しみ方も広がるかと思います。

グループで焚き火を囲んでする料理は本当に盛り上がります。

www.indie-music-camp.com

 

自然の知識が身につく

f:id:kanenashikodhi:20190415173945j:plain

焚き火をしていると自然界の知識がどんどん身についていきます。

 

薪に火をつけるのは実は簡単ではありません。

燃えやすいものを選定したり、

きちんとした手順で踏んで火を大きくしたり等、

考えて動くことが必然的に必要になります。

 

実際に火が付くと鑑賞だけではなく様々な事に応用できます。

焚き火をすると知識がどんどん身につくことでしょう。

 

例えば、薪に火を付けるのも手順があります。

 

枯れ葉・樹皮(着火剤)→小枝→小さい薪→大きい薪

一から薪にいきなり火を付けることはなかなかできません。

 

そのためにまずは自然界にある着火剤を探したり、

乾燥している枝を選定したり。

薪も、広葉樹か針葉樹かで燃え方が変わってきます。

 

一見難しそうですが、実際やってみると楽しく

知らない間に学べていることが多くなります。

 

いざという時に役立つ知識は多いです。

災害の備えと一緒で身につけておけば役立つ日がくるかもしれません。 

 

2.手ごろな焚き火台を手に入れて感覚をつかんでみる

手ごろな焚き火台で感覚をつかむ

焚き火の魅力はなんとなく分かってきましたでしょうか?

魅力が分かったところで用意したいものが焚き火台。

 

名の通り焚き火をするための台です。

 

キャンプ場によっては、直火(地面の上で直接焚き火をすること)が禁止のところがります。

直火をする事で土の中の微生物が死滅してしまいしばらくの間、草が映えなくなってしまいます。

 

こういった理由から直火禁止のキャンプが存在するのです。

比較的多いので、焚き火台を1つ持っておくと何かと便利です。

 

ではどんな焚き火台を選んだらいいのか?

 

「最初から良いものを買っておけば長く使える!」

という方は多いかもしれません。

 

ただ個人的には、最初の一台は安価なものでいいと思っています。

(最近はアマゾンで2000~3000円程度で買えるものが多いです)

 

焚き火台も沢山種類があります。ハマると...

あれこれしたい...この機能が欲しい...コンパクト重視でいきたい...

 

などなど、色々と欲しい部分が出てくるかと思います。

趣味嗜好に合わせて買い替えるのが、無駄が無くて良いでしょう。

 

最初の一台としておすすめの焚き火台

これから焚き火を始める人に向けて、

最初の一台としておすすめできるものを2点紹介します。

 

SAKALA バーベキューコンロ

私も長く使ってますが、安いくせに使い勝手がかなり良いです。

付属の網をかけてBBQコンロ、網を外して焚き火台...という使い方ができます。

 

折りたたんでバックに収納しコンパクトに持ち運べる点も魅力的。

 

4人ほどで利用できるサイズ感なので、

グループで焚き火をする人にはオススメしたいですね。

 

Yoler 折りたたみコンロ 

コチラもかなり優秀です。 約2000円と格安。

 

先程のSAKALAバーベキューコンロに比べると半分程度のサイズ。

ソロや2人で焚き火や料理を行うのに丁度いいサイズ感です。

重量も半分以下なので、持ち運びもしやすいですね。

 

また風防として利用できたり、

(ソロ利用時)焚き火の炎が根元から見やすいのも魅力的。

 

まとめ

本記事をまとめると以下のようになります。

 

・焚き火には"1/fゆらぎ"というリラックスできる効果がある

・焚き火料理にはガスや電気では感じられない感動がある

・自然の知識がどんどん身についていく

・最初に買う焚き火台は安価なものがおすすめ。結局買い替えたくなる

 

このようになります。

 

本記事を見て、焚き火が気になった方。

単純にリラックスしたい・癒されたい方も是非挑戦してみてくださいね。